AGA治療はAGAという男性特有の薄毛に対する治療はテレビコマーシャルなどでも注目を集めるようになってきており、専門の医療機関なども紹介されることが多くなったことから利用する男性患者が増えてきています。

このようにAGA治療に興味を持つ人達が増えている中、どのような治療をするのかと言う点で不安を抱えている人達も少なくないようです。



AGA治療の基本は外科的な治療ではなく主に内服薬を用いた内科的な治療が中心となっており、この内服薬によって日本のAGA治療が活発になってきたと言われています。



と言うのも、以前は日本ではAGA治療自体はあまり活発に行われておらず、治療といっても育毛剤を用いた方法やカツラを用いた方法が一般的に認知されており、その成果としてもあまり高いものではなかったためどこまで利用する人達も少なかったわけです。
その認識を大きく変えたのが開発された2種類の内服薬の存在であり、それぞれタイプの異なる薄毛に対して大きな効果を発揮することが証明されています。


特徴としては元々は別の疾患で利用されていたものであるというところであり、偶然発毛効果が発見されたことによって薄毛治療に利用されるようになったと言う経緯を持っています。

このため発毛に対しての効果は確かなものなのですが、副作用として元々利用されていた疾患に対する効果を備えていると言うところがあります。そのため注意しなければならない効果などもあるので、事前にカウンセリングで確認しておくことが大切です。