薄毛の悩みと聞くと、男性特有のものや中年以降の年齢の人が発症するものというイメージがわきやすいですが、最近では20代から30代の女性にも多く発症しているといわれています。

女性ファッション誌を開くとヘアスタイルの特集が組まれているのをよく見かけます。

髪型はファッションの一部として多くの女性に楽しまれていることがわかります。

薄毛に悩む女性は人に悩みを相談しにくく、一人で抱えがちですが、薄毛は進行してしまうと治るまでに時間がかかってしまったり、なかなか良くならないこともあるため、早めの対策が必要です。女性の薄毛の原因は主に加齢や妊娠出産などによるホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、ストレス、間違った頭皮ケアなどがあげられます。



とくに20代から30代の女性は妊娠出産でホルモンバランスが乱れ抜け毛が増加してしまう人が多くいます。



また日々の生活習慣も抜け毛と大きく関係しています。


偏った食生活やダイエットなどによる栄養不足は髪の健康を損ない、髪が栄養不足に陥ってしまいます。



また日々夜更かしを繰り返し、睡眠不足になってしまうと髪の成長やダメージを修復してくれる成長ホルモンが分泌しにくくなってしまいます。

きちんとした良質の睡眠をとることによってストレスも解消し、健康な髪の成長をバックアップするホルモンを分泌させることができるのです。

生活習慣は毎日の積み重ねです。

些細なことが積み重なると身体に影響を起こすため、日々のちょっとした習慣を改めることが必要なのです。